薄毛は治せる時代|AGAの効果を知りたいなら

男の人

加齢以外の原因

鏡を見る女性

10代〜20代の抜け毛

髪は女性の命とも呼ばれていますが、男性と同様に抜け毛や薄毛で悩まれている方も多いです。ある程度年齢を重ねての抜け毛であれば、「加齢」かなと納得できますが、10代や20代での薄毛はまだ老化が始まっていないにもかかわらず起きると、加齢以外に原因があることになります。若い世代の女性の薄毛の原因としてあるのが、過度なダイエットです。体重を減らしたいから食事制限をしていると髪の毛に必要な栄養素が行かなくなることが挙げられます。そして、パーマやカラーリングで頭皮を痛めつける、ポニーテールのように一方向に頭皮を引っ張ってしまう髪型で起こる牽引性脱毛症、出産後の女性はホルモンバランスの乱れで抜け毛が一時的に増えるといた原因があります。これらを取り除けば抜け毛は改善します。

びまん性脱毛症

加齢や更年期を迎えた女性の特に多い薄毛が、びまん性脱毛症です。原因としては、加齢にともなって頭皮の細胞分裂が低下し老化してしまう、女性ホルモンの分泌量が低下し男性ホルモンが相対的に多くなるため抜け毛を引き起こすのが原因となっています。特徴としては、男性の薄毛であれば生え際や頭頂部から薄毛が進行していくの境界部分がはっきりしているのですが、女性の場合頭頂部を中心に全体的に毛髪が均等に抜けていき、髪の毛の密度が低くなっていくのが特徴です。対策方法としては、女性専用の育毛剤を使用してみることです。ただし、すぐに効果がでるわけではありませんので、最低でも3ヶ月以上は継続することです。育毛剤は継続することで効果が徐々にあらわれてくるものです。